【制汗剤】自分の体質に合った製品を選ぶ。

サイトマップ

香水.comのヘッダー画像

【制汗剤】自分の体質に合った製品を選ぶ。

梅雨が明けたと思ったら、今度は戻り梅雨?

しかし、汗かき(ワキ汗)や腋臭(ワキガ)にお悩みの方にとっては辛い季節である。

だが、一口に制汗剤といっても、種類は随分増えています。

ちなみに、制汗剤を選ぶ前に重要なことはただ一つしかないとか。

7月15日付の朝日新聞オンラインで報じていますが、綿棒で耳あかを取り、湿り具合で判断する方法です。

判定基準は下記の通りです。

1.キャラメルが溶けたような耳あか→体臭が強い傾向

2.湿った状態→軽~中程度

3.乾燥している場合→非ワキガ体質

そのため、制汗剤の選び方は下記の通りとなります。

1.強度の人→殺菌作用の強い塩化ベンザルコニウムなどが入ったもので、直塗りを選ぶこと。銀配合タイプも殺菌効果が長く持続するとのこと。

2.軽~中程度の方→フェノールなど穏やかな抗菌剤が配合されたスプレータイプやアルコールが含まれたシートで除菌し、植物性の制汗スプレーで汗を抑えれば充分。

3.ワキガ体質でない人→植物エキスを配合したシートタイプで拭くだけで充分。

留意点として、軽度の体臭やワキガでない人が強い殺菌作用の製品を使うと、黄色ブドウ球菌など強い菌が繁殖する可能性があるので、逆効果になるとのことです。

くれぐれも、制汗剤選びは慎重に選びましょう。


スポンサーリンク