出来れば、夏季での香りが強いものの使用は控えた方がいいかも。

香水.comのサブページ・ヘッダー画像

出来れば、夏季での香りが強いものの使用は控えた方がいいかも。

    一時、国によるクールビズの問題で持ち上がった、芳香剤の問題。

    対象となるのは芳香剤だけでなく、香水,柔軟剤,香料など、香りに関するモノそのものに、アレルギーを起こす方が存在するのです。

    男性向きの場合なら指針を出しても、差し支えません。

    ところが、女性向きの場合は、元々女性自身が知っていることなので、改めてクールビズの指針を作る必要は無いとみているのです。

    昔の柔軟剤,香料の香りは極端に強くなかったので、公共の場にいても不快感を訴えるケースは聞かなかったのです。

    しかし、最近の柔軟剤,香料は残香感が強いタイプの物が登場したため、香水が強くかけたのと同様の香りを残るため、なかにはアレルギーを起こす方がいるのです。

    昔から販売している微香性や無香性のタイプを使うなら分かりますが、夏季での使用は避けたほうがいいと思います。



    スポンサーリンク


香水ランキング

名前リスト

サービスメニュー

カテゴリー

エントリー記事

月別リスト

2020年12月

2020年5月

2019年12月

2019年10月

2019年4月

2018年12月

2018年5月

2017年3月

2016年10月

2016年9月

2014年7月

2013年10月   

 

運営者の概要メニュー

RSS配信

スポンサーリンク

アプリ版QRコード

qrcode-perfume.com.gif

TOP